19th Ave New York, NY 95822, USA

建物の外装リフォーム

グッドワンが安心-安全-快適な暮しのリフォームをご提案します
安心 - 安全 - 快適な暮しの為のリフォームを
外壁-屋根の塗装-張替
雨樋交換-コーキングなど
建物の外装リフォーム
ご相談・お見積りはお気軽にお声掛け下さい。メーカーの商品カタログをご覧いただき、ご説明致します。
商品のご確認は、お近くのメーカーショールームをご紹介させていただきます。ご相談お待ちしています。
外壁塗装

外壁塗装は、使う塗料の種類によって、塗装後の耐久性や性能が違います。
水性と油性の塗料があり、水性塗料は、ニオイがあまりないが、油性より耐候性・耐久性で劣る。また、透湿性が高い。油性塗料は、ニオイが強いが、耐候性・耐久性があり、風雨に強い。という特徴があります。

アクリル塗料、ウレタン塗料、シリコン塗料、ラジカル塗料、フッ素系塗料、光触媒塗料、セラミック塗料、無機塗料があり、それぞれ特性が異なります。

外壁塗装
塗装ごとの工事価格表
各塗装の特性
外壁塗装の工程
工事の工程は、①足場の設置 ②外壁の洗浄 ③養生 ④下地調整 ⑤下塗り ⑥中塗り ⑦上塗り ⑧附帯部分の塗装 ⑨足場の撤去の順番で行います。
足場の設置
① 足場の設置
外壁の洗浄
② 外壁の洗浄
養生
③ 養生
下地の調整
④ 下地の調整
下塗り
⑤ 下塗り
中塗り
⑥ 中塗り
上塗り
⑦ 上塗り ⑧ 附帯部分の塗装
足場の撤去
⑨ 足場の撤去

工事の着手の前に、ご近所にご挨拶し、工事中ご迷惑をお掛けすることをお伝えし、工事に入ります。工事中、音やニオイ等の問題がありますので、しっかり挨拶します。工事の完了後、まだ足場のあるうちに施主様に確認してもらいます。
※足場の設置には費用が掛かるので撤去前に確認してもらいます。

まず、塗装工事のための足場を設置します。専門の足場業者にたのみ、設置してもらいます。設置には、約半日から一日掛かります。
次に、高圧洗浄機で外壁をキレイに洗浄します。外壁表面の剥がれそうな旧い塗膜や汚れをとります。高圧洗浄では、水を使うため水道代が掛かります。通常2000円程度で、施主の負担になります。

高圧洗浄後、外壁をよく乾燥させてから養生します。塗装しない部分をテープやシートで保護します。窓や庭木、自動車も養生します。
塗装の前に、建物の下地の調整をします。旧い塗膜をキレイに削り落とし、塗料が下地に密着しやすいようにします。

そして、建物の塗装作業にはいります。まず、下塗りをします。下塗りは、下地と塗料の接着を高めるために行います。プライマー、シーラーと呼ばれていて、ホワイト、グレー、ブラックの色があり、外壁の色に合わせて塗り分けます。下塗り後、外壁を乾燥させます。
次に、中塗りをします。キレイでムラのない仕上げにするため、中塗りと上塗りで2回塗ります。

中塗りが乾燥したら、上塗りをします。中塗りだけでも、見た目の色合いは変わりませんが、2度塗りすることで、機能や耐久性が高まり、まんべんなく塗装できるため、ムラなく仕上がります。 塗装が終わったら、施主に確認していただきます。問題が無ければ、足場を撤去します。足場の設置・撤去では、音が結構響くので、施工の際は、近隣に挨拶しておきましょう。
屋根塗装/屋根吹替

屋根塗装は屋根の種類(スレート、金属鋼板、セメント瓦など)と使う塗料の種類で価格も塗装後の耐久性や性能も違います。塗装に使う塗料の種類は、外壁塗装と同じですが、屋根は直接に風雨を受ける為、雨仕舞を考えた塗装が必要です。
胸板金の補修や屋根材同士の密着を防ぐ縁切り(タスペーサー)、雨漏りなどの場合は、下地の補修や防水処理が必要です。

屋根塗装/屋根吹替
塗装ごとの工事価格表(鋼板の場合)
塗装ごとの工事価格表(鋼板の場合)
塗装ごとの工事価格表(セメント瓦の場合)
塗装ごとの工事価格表(セメント瓦の場合)
Have a good one !

お見積りはもちろん無料!
お問い合わせはグッドワンへ!

グッドワンでは、安心 - 安全 - 快適な暮しのリフォームをご提案します。