株式会社グッドワン
赤外線で視覚化し、不具合・欠陥・劣化を見つける!

赤外線サーモグラフィー
建物診断・調査

建築物内外の温度分布が【一目瞭然で見える化】でき、
肉眼では気づかない【不具合・欠陥・劣化】を調査可能です。

グッドワンの高品質で信頼できる建物診断システム

高性能赤外線サーモグラフィーシステムによる建物診断・調査

劣化による剥離、水分による腐食を赤外線画像解析で視覚化できる。

高性能赤外線サーモグラフィーカメラ「FLIR T1050sc」
高性能赤外線サーモグラフィーシステム

グッドワンの高品質で信頼できる建物診断システム

高性能赤外線サーモグラフィーカメラ「FLIR T1050sc」と高性能解析ソフト「FLIR ReserchIR Max」により、対象建物を赤外線建物診断技術師・雨漏り診断士が、撮影・解析し、報告書を作成します。

赤外線建物診断では、建物の空隙等の劣化、雨水等の水分の滞留の有無を、撮影した赤外線画像により特定し、通常の写真と比較し、不具合の状況をご説明します。

また、建物の解析データは保存でき、次回診断時に比較検証できるため、建物の診断履歴を蓄積することもできます。

高性能赤外線サーモグラフィーカメラ「FLIR T1050sc」
高性能解析ソフト「FLIR T1050sc」
高性能赤外線サーモグラフィーカメラ「FLIR T1050sc」

高性能赤外線サーモグラフィー装置による建物診断
5つのコンセプトで高品質・高精度な建物診断・調査をおこないます

Concept.01

診断する建物の構造や材質の違いによる、劣化や腐食等の不具合に関する十分な知識を有すること

Concept.02

診断する建物の不具合の検出精度を上げるため、赤外線カメラでの撮影方法や撮影に影響する外的要因の知識・対処方法に関する十分な知識を有すること

Concept.03

赤外線建物診断技能師の資格認定をおこなう「(一社)街と暮らし環境再生機構」と連携し、撮影画像の解析・データの考察、診断結果・報告書作成を行い、高品質・高精度な建物診断をご提供

Concept.04

高性能赤外線カメラ「FLIR T1050sc」と高性能解析ソフト「Research IR Max」を使用し撮影・画像解析することで、最高精度の赤外線解析をおこない、不具合箇所抽出精度を高める

Concept.05

低コスト化により、短いスパンの定期診断を可能にし、建物診断カルテを作成。ますます老朽化が進む建物の安全性確保のため、高性能建物診断管理システムを普及させる

赤外線サーモグラフィー建物診断・調査とは

建物の外壁仕上げ面は、太陽の日射や気温の変動等の気象の変化により、 その面の断面形状と材料の比熱及び熱伝導率等の熱特性の違いによって、 表面温度に差
を生じます。赤外線建物診断は、建物のタイルやモルタル仕上げ面等の「浮き部」と「健全部」の 熱伝導の違いによって
生じる表面温度の差を赤外線サーモグラフィー装置によって測定し、得られた表面温度 分布画像から「浮き部」を検出
する方法です。湿式外壁の「浮き部」と「健全部」では熱伝導の違いにより、表面 温度 に 差が出ます。 「浮き部」に存在す
る空気層が断熱層となって熱伝導を妨げるためです。その原理を応用し、 赤外線サーモグラフィー装置で外壁面を撮
影、得られた温度分布画像を解析して「浮き部」の有無を調査します。

また、建物の壁内に劣化箇所があり、雨水等の水分の侵入があった際にも、水分の滞留する箇所とそうでない 箇所の
温度差により 、 調査することができます。見えない壁内の温度差を可視化し、雨漏りの発生箇所等の調 査をすること
にも活用されています。

壁面が暖められた時に、浮き部の空気層が断熱現象を起こし、浮き部は温度が高くなる物理現象を、赤外線画像で可視化。
※白枠部が浮き部です。

壁面内に侵入した水分が気化する際に低温になり、温度が低くなる物理現象を、赤外線画像で可視化。
※赤枠部分が水分滞留部です。

赤外線建物診断技能師とは

赤外線装置を活用した、建物の外壁の劣化や水分の滞留による腐食 を診断・調査す る技術者育成のために作られた資格です。一般社団法人 「街と暮らし環境再生機構 TERS が資格認定しています。主にタイルやモルタル仕上げの外壁面や室内壁面、 屋上等の防水面等の仕上げ面等の建物の仕上げ面の劣化や水分の滞留を 調査するのに必要な専門的な知識と赤外線装置 法による撮影・解析を行うための知識の習熟するため、主に実務的な習熟のための資格です。
撮影風景
画像解析
画像解析
レポート作成

赤外線画像解析による外壁劣化診断・雨漏り診断・断熱効果診断

赤外線建物診断では、赤外線カメラで撮影した画像データを解析することで、目視では判別しづらい外壁の劣化・雨漏りなどを非破壊・非接触で確認できるため、「目視診断」「打診診断」「水掛診断」等と組合わせることで、より精度の高い診断ができます。従来の「全面打診診断」と比較すると大幅な費用 削減ができます。

外壁 劣化診断

画像中の赤枠内の赤外線画像赤色部は、健全部と比較して高温で、浮き部と推定できる部位です。

雨漏り 診断

木部が腐食し、家の寿命・耐久力を短くしてしまいます。
木部の腐食や帯水部はシロアリの害を受けやすくなりますので注意が必要です。
カビの発生によるアレルギー症の発症リスクが高まります。
健康被害が出る前に雨漏り診断等の対策が必要です。

断熱効果 診断

断熱欠損があると冷暖房時のエネルギーロスが大きくなり、エネルギー効率が低下します。
赤外線画像で解析すると視覚で確認することが可能です。

このビルは屋内が暖かく、コンクリート~断熱材~コンクリートというサンドイッチ構造になっています。一個所断熱材が不足している部分がありますが、屋内からも屋外からも肉眼では見えません。赤外線サーモグラフィーを使うと視覚化できます。

建築構造:多くの箇所で断熱材が不足しており、これが暖色で表示されています。

外壁劣化診断に用いられる検査方法

打診法

テストハンマーやパールハンマーなどの打診器具を用い、診断面を直接叩く・転がす等行って発生する打撃音の違い(高低差)で判定するので、診断者の練度により診断精度にバラつきが出る。

外観目視法

目視(肉眼)又は双眼鏡を用い、外壁面を観察して外観に現れる異常部を発見調査します。ひび割れ、劣化損傷状況、劣化傾向等を把握することができ、後続の調査の資料として重要な調査となる。

赤外線装置法

建物の外壁等の表面を赤外線サーモグラフィーを用い、壁表面の温度差によって、劣化部の推定を行う。診断画像を解析して判定。
弊社では、主に外壁目視法と赤外線装置法を併用して建物診断を実施しております。

建物の外壁の老朽化を管理し、事故を防ぐ、建物維持保全計画を

老朽劣化をくい止める建物維持保全について

建物も「ひと」と 同じように経年とともに老朽劣化が進行します。
建物の健全性維持のためには、建物の状態を把握し、状況にあった適切な 修繕 ・ 改修 を計画的に実施することが必要です。

建物を構成する数多くの部材(部品)や設備は環境条件、使用条件 、経年などによって、減耗、損傷 、 劣化していきます。
上図は、建物の性能劣化とその回復について図式化したものです。建物の性能低下を放置すると、その利便性や快適性の低下を招くだけでなく、建物の寿命を締め災害発生等の危険を招いたりします。

外壁の経年劣化による剥離・剥落の発生メカニズム

外壁の経年劣化による タイルやモルタルの剥落

低コスト化、建物診断カルテ作成で、短いスパンでの定期診断・建物の劣化管理

建物の老朽化により、外壁の劣化を原因とするモルタルやタイル等の剥落事故が増加しています。その危険性から特定建築物については、 10 年に一度の外壁の調査 、 行政庁への報告により、建物の適切な維持管理をすることが義務化されました。
しかし、事故発生のリスク回避の面からも、短いスパンでの定期的な建物調査が望まれます。弊社では、低コスト化と建物診断カルテ作成により、赤外線建物診断による建物の劣化管理を普及させることで、ますます老朽化が進む建物 の安全性を確保したいと考 えます。

動画再生

making you feel good

5/5
“The headphones have an amazing new design and are very comfortable. Noise-canceling at his best. The best headphone VIBREL ever created.”
赤外線診断をお勧めする理由
従来からの打診診断に比べ、非破壊・非接触、足場不要で短時間に広範囲の建物診断を少人数で出来るため、低コストでの診断が可能です。
撮影画像の解析により、不具合部の特定をする技術であるため、解析画像をデータ保存することで過去の診断結果との比較検証が容易です。
赤外線装置法で定期的に診断・撮影することが外壁のカルテ(診断履歴)となり、重複工事の 防止や修繕計画の作成に役立ちます。
赤外線診断のご依頼はグッドワンへ

1まずはご連絡ください!
お客様からのご相談(メールまたはお電話)により、赤外線診断・調査する建物についてのヒアリングをさせて頂きます。

2赤外線診断のお見積り
お客様から頂いた資料等により、赤外線診断の可否を判断させて頂き、お見積りを作成します。

3赤外線診断の診断料金について(参考)
赤外線外壁劣化診断 240 円~ /㎡

4赤外線診断のご依頼
お客様が、赤外線診断の説明および見積り金額についてご理解いただけましたらご依頼頂きます。
お客様からのご依頼後、責任をもって診断にあたらせて頂きます。

Have a good one !

赤外線診断のご依頼は
グッドワンへ!

グッドワンでは、高性能赤外線サーモグラフィー装置による
高品質・高精度な建物診断を実施します。

株式会社グッドワン
お問い合わせフォーム

こんにちは、グッドワンです。
この度は、当社「赤外線サーモグラフィー建物診断・調査」にご興味を持っていただき、誠にありがとうございます。

まずは、お気軽にお問い合わせください。
お問い合せ後、準備が整い次第、担当者からメールまたはお電話でご返信させていただきます。

お預かりする個人情報は、当社「個人情報保護方針」に基づいて厳重に管理し、お客様の同意がない限りお問合せへの対応以外には使用いたしません。

お電話でのお問い合わせ
048-755-9843